大学の紹介
 


  天津外国語大学は多言語、多学科で、開放的な大学であり、また中国で最も早く設立された外国語専門の8大学の一つである。

  1921年、本学の前身の一つである天津工商大学が馬場道にキャンパスを建て、後に津沽大学、河北大学へと大学名を変更した。1964年、周恩来総理の暖かいご支援とご関心の下で、現在の本学の主たる前身である秦皇島外語専科学校(後に天津外国語専科学校)が設立された。1974年、元天津外国語専科学校、元天津外国語学校、元天津師範学院日本語専門、元河北大学外国語および中国語専門の学術メンバーと教師らによって、天津外国語学院が組織された。1979年、英語と中国語専攻の大学院生を募集し始め、1981年に国務院によって初めて修士学位授与機関として認可された。2010年、教育部の許可を得て、天津外国語大学へと名称を変更した。

  本学は現在馬場道と濱海の二つのキャンパスを持ち、敷地総面積は1040.06アールである。馬場道キャンパスは天津の市街地に位置し、キャンパス内の建物の多くはヨーロッパ風であり、シックなデザインで、キャンパス全体は美しく閑静であり、天津市十景の一つになっている。濱海キャンパスは濱海新区の大港大学教育生態園内に位置し、湖の景色と植物の緑が互いに光を放ち、景色が秀麗である。
  
  本学は現在大学院、英語学院、日本語学院、欧州言語文化学院、アジア·アフリカ言語学院、国際商学院、渉外法政学院、漢文化伝播学院、教育技術と情報学院、国際交流学院、基礎科目教学部、体育教学部、応用外国語教学センター、継続教育学院といった14の教学機関を持っている。英語、日本語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、朝鮮語(韓国語)、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語、スワヒリ語、対外中国語、国際経済貿易、金融学、法学、国際政治、教育技術学、情報管理と情報システム、新聞学、行政管理、中国言語文学、経済学、人力資源管理、マーケティング、財務管理、関係学、翻訳·通訳、広告学、伝播学、観光管理、アニメーションなど31の本科専攻を持っており、そのうち、国家レベル特徴専攻が4つ、国家レベル教学団体が1つ、国家レベル優良コースが2つである。また、天津市重点学科3つ、重点中の重点学科が1つ、天津市のブランド専攻が9つである。また、天津市通常大学人文社会科学重点研究基地である「外国言語文学文化研究センター」、「言語符号応用と伝播研究センター」及び「天津国際発展研究院」など10余りの研究機関を持っている。4つの一級学科修士学位授与機関、23の二級学科修士学位授与機関、2つの専門修士学位授与機関を持っている。その他、優秀な学部卒業生を試験免除で修士コースに進学させる資格を持っているほか、同等学力者の修士学位授与権、留学生への修士学位授与権も持っている。外国言語文学に関する重要学術誌である『天津外国語大学学報』、『世界文化』誌と外語音像出版社を持ち、幅広い読者層を得て、世界各民族に対する文化の伝播や異文化コミュニケーションの促進に貢献している。

  本学は「中外求索、徳業競進」という校訓を堅持し、自主学習能力と異文化コミュニケーション能力を持つ素質の高い複合型国際化人材の育成に力を注いでいる。現在、全日制学生約1万人、大学院生約千人がおり、全国29の省·市·自治区から学生を募集している。専任教員のうち、約半分が海外留学経験があり、一部専門では海外留学経験者が9割以上、博士号を持っている専任教員が22.5%、高級専門技術職務者が53.8%、修士教員19%おり、外国専門家·教員百名余りを招聘している。

  本学は、先端的な教学ツールと電子化教学設備を持っており、市レベルのラボが1室、基礎ラボ48室、専門ラボ36室、マスメディア教室71室、国際基準の同時通訳報告ホール4室あり、衛星テレビシステムは11言語、25チャンネルを受信でき、2つのキャンパスを覆うインターネットのネットワークを完備している。また、豊富な学習リソースを持っている。図書館の蔵書は100万冊、中国語と外国語の新聞紙·雑誌が約1000種類、中国語·外国語データベースが数十個である。そのうち、「英語リソース検索センター」のデータベースは全国英語学科教学研究分野の権威あるリソースとなっている。大学には体育施設が完備されており、スタンダード運動場、サッカー場、テニスコート、バスケットボール場、バレーボール場、ジムなどの体育施設と1万平方メートル余りの総合体育館を備えている。

  本学は対外学術文化交流を非常に重視し、積極的に展開しており、いままで世界18カ国の70余りの大学や複数の教育機関と友好提携関係を結んできた。韓国の順天郷大学、ポルトガルのリスボン大学、フランスのトゥールーズ大学、ロシアのボルゴグラード州立大学には、孔子学院を作っており、また天津では韓国世宗学堂、ゲーテ言語センター、ESECなどの教育トレーニングプロジェクトの支部を請け負っている。「3+1」、「2+2」、「4+1」などの国際提携パターンを模索し、毎年たくさんの中国人学生を海外へ送り出し、また海外から長期·短期の中国語·中国文化を勉強する学生を受け入れている。

  本学は長年にわたって学科専門の優位と、教学改革の成果として、国際化の特徴を持つ学制によって、国家と天津の経済社会の発展のため尽力し、北京オリンピック、上海万博、夏季ダボス会議などのイベントにボランティアを送り出し、「中国翻訳·通訳事業傑出貢献奨」など多くの栄誉を獲得している。外国語を特徴とする「天外」ボランティアは既に有名なブランドとなっている。

  幾世代もの天外人の努力により、本学は現在外国語言語文学学科の優位にリードされながら、文学·経済学管理学、法学、教育学など多学科が協調して発展し、鮮明な特徴を持つ多学科型大学となっている。また、天津市あるいは全国の外国語人材·海外向人材育成の重要な基地となり、また多元的な文化を伝播する重要な基地となっており、わが国の外国語教育分野で「天外」ブランドを築き上げつつある。

  本学は天津及び濱海新区開発開放の歴史的チャンスをつかみ、「鮮明な特徴を持つハイレベルな教学研究型大学の建設」を目指し、「特徴を以って内包的な発展を牽引し、調和の取れた発展を促進させる」という戦略的方針を堅持し、自主学習能力と異文化コミュニケーション能力を持つ質の高い複合型国際化人材の育成に力を注ぎ、国際化学制を主要な特徴とする大学を建設し、国家戦略のニーズや天津経済社会の発展及び濱海新区開発のために尽力している。


 




 

 

 

Copyright:天津外国語大学 Information Network Center

Address: No.117,MaChang Road,HeXi District,TianJin,China