英語学院
 

 

    http://english.tjfsu.edu.cn/

  英語専門課程は天津外国語大学において最初に設けられた専攻であり、40年にわたる学問の蓄積と継承を持っている。とくに、元の英語学科と応用英語学科が合併して英語学院となって以来、わが大学と全国を含めて最大規模の二級学院となり、英語の修士学位授与権を持っている。2004年7月まで、英語学院は社会に向けて卒業生を合計8000名近く送り出し、そのうち、300名あまりが修士卒である。

  英語学院は現在、翻訳·通訳学科、英語言語文化及び文学学科、英語国際商務学科、英語コミュニケーション学科、大学院教育研究室など5つの教学機関を持ち、4年制学部生と、英米文学、翻訳理論と実践、アメリカ社会と文化研究、英語教育及び国際情報交流と管理などを専攻する大学院修士課程を募集している。

  専任教員156名のうち、教授 24 名、准教授 58名、講師66名、助教8名、副研究員1名、高級政工師2名、助手研究員1名。その他、外国籍専門家·教師9名で。現在、博士号を持つ教師が34名、修士号を持つ教師が102名、博士後期課程に在籍している教師が10名、博士前期課程に在籍している教師が20名。毎年、海外研修に行く教師が5~8名である。

  実力豊かな教師陣が、英語学院で多くの教学と研究の成果をあげてきた。本学の外国語言語文学学科は天津市重点建設学科であり、英語学科は大学レベルの重点学科である。有名な専門家である金堤教授は国内で最初に世界文学著作『ユリシーズ』《全訳本》を出し、世界の翻訳界から広く注目を集め、中国翻訳·通訳従業者協会から「シニア翻訳家」の称号を授与された。林克難教授が提起した実用英中相互翻訳原則は、国内翻訳界の専門家·同業者に高く評価されている。張濱江教授は国務院特殊手当てを受けている専門家であり、彼の主導のもとで翻訳·編集された「英米文学世界名著導読訳叢」は合計50冊に達し、読者から愛されている。国務院特殊手当てを受けている馬仲元教授は、長年にわたりシェイクスピアの演劇を研究し、国内外に多大な影響力を及ぼしている。 

  豊富なカリキュラムと真剣な教学によって、英語学院の卒業生は人材市場において強い競争力を持っている。本学院の学生は6回にわたり天津市を代表して,全国的な大型展覧会の翻訳·通訳、礼儀、解説の任務をすべてこなし、大学生ボランティアとして天津市主催の世界体操選手権、国際ユーモア芸術祭り、世界大学生水上スキー選手権、世界住宅と都市企画大会、アジア男子バレー選手権に参加し、また2回連続で天津国際幼少年芸術祭など国際イベントの英語翻訳·通訳を担当し、すべて円満に任務を仕上げ、外国の友人や天津市政府から好評を博し、天津市大学生社会実践先進団体の称号を何回も取得した。

  英語学院は5か国の22の大学や教育機関と交流提携関係を持ち、教員·学生の交流を行い、外国専門家を講師として要請·招聘している。米中教育サービス機構(Educational Services Exchange with China)は1985年より英語学院で「国際貿易特訓プロジェクト」を設け、每年アメリカ側が多数の専門家を選出·派遣して、半年間の完全な英語強化トレーニングを行っている。学生が合格したらアメリカ側の学業証書を授与される。イギリスのアストン大学及びカナダのカナディアン·カレッジ、オーストラリアのエディス·コーエン大学と共同で「3+1」と「2+2」プロジェクトを行い、双方の大学は単位を相互に認可し、それぞれ卒業生に学位を授与している。

  多様な手段と多彩なチャンネルによる育成によって、英語学院の学生にしっかりとした基礎学力、強い応用力を身に付けさせたことは、就職先から高く評価され、近年では卒業生の就職率は93%以上である。卒業生は本市を含め、10以上の省·市の教育、渉外部門、各大企業及び事業機関などの機関、あるいは国家外交·新聞部門に就職している。

 

 

 

Copyright:天津外国語大学 Information Network Center

Address: No.117,MaChang Road,HeXi District,TianJin,China